アントワーヌとお嬢さま☆お知らせ


本日のお題「anan2132号」(’18年12月19日発売)
「’19年前半、あなたの恋と運命。」

アントワーヌ★お嬢さまーッ!(ドドド)、お嬢さまゥァーッ!!!(ドドドドド)
お嬢さま☆なんなのお城の階段を全速力で駆け上ってきて騒々しい、いまホカホカの焼き芋を食べようとしていたところなのに。
アントワーヌ★ただ今伝書鳩からメッセージが! はいっこちらでございます。
お嬢さま☆どれどれ。ananの占い特集「2019年前半 あなたの恋と運命」が12月19日(水)に発売されるのね。そこにオペラ沢かおりの記事がちょこんと載るのね。
アントワーヌ★そうそうたる豪華メンバーのひな壇の片隅にちんまりと。くわしくはほれっこちらをご覧くださいまし!
お嬢さま☆ananのページに飛んだわ、そして「next issue」を開けば・・・あっ本当に載ってるわ、これは読み応えのある1冊よ!
アントワーヌ★年末恒例の大人気企画でございますから売り切れ必至、次の水曜日はコンビニキオスク最寄りの書店Amazonネット書店へお早めにGO! でございます。
アントワーヌとお嬢さま★☆どうぞよろしくお願い申し上げます。(一同礼。)
それではみなさま、引き続き楽しい師走ライフをお過ごしください。

2018年12月の九星別運気と吉方位


全国1千万人の開運ファンのみなさんこんにちは。
街のあちこちではクリスマスツリー&ジングルベル、デパートやスーパーではおせちの見本が並んで気分はもう大みそかです。あなたの2018年はどんな年でしたか?
2019年は変化の年。いらないしがらみを捨てて幸せな自分に脱皮するために、まずは目に見えるところ&見えないところの大掃除で身辺をすっきりさせ、タイミングよく動けるよう身軽になりましょう。
全員に共通の凶方位は北、南東、南、北西。
やんごとなき事情で今月(12/7〜1/5)は簡易版でまいります、ご了承ください。

★一白水星・・・その立場に立たないとわからないことがわかる、理解できないことが理解できる。今月は何か重大なことに気づき、昔から引きずってた難問が解けるでしょう。
吉方位は東、西。どちらも家庭運の安泰、安定に効きます。

★二黒土星・・・人脈が広がって身辺があわただしくなるでしょう。たくさんの人が寄ってきますが、運のいい人とそうでない人を見きわめる目を持ってください。
吉方位は北東、南西。金運アップなら北東、心の癒しなら南西へどうぞ。

★三碧木星・・・最終的に大切なのは「こういうときみんなどうするか」ではなく、「自分がどうしたいか」です。選択肢の前で迷ったら、悔いのないほうをお選びください。
無難な方位は東、西。運気を安定させたいなら東、勝ち運がほしいなら西へどうぞ。

★四緑木星・・・明るい光にはたくさんの虫が集まります。モテモテでうれしくなりますが過剰な自慢は禁物。「賞賛の数だけ嫉妬が潜伏している」と心して慎重に行動してください。
吉方位は北東、南西。金運アップなら北東、愛情運アップなら南西へどうぞ。

★五黄土星・・・重い責任がのしかかってストレスがたまるかもしれません。でもそれを乗り越えれば成長できます、いや成長しなければいけません。大丈夫、できる。
大吉方位は東、西、吉方位は北東、南西。頑張る力がほしいなら東か西、金運は北東、強い心をキープしたいなら南西へどうぞ。

★六白金星・・・家族って面倒くさいです、しかしいろいろなことを教えてくれる「仲間」でもあります。よくも悪くも「人間って何か」を教えてくれますから、気が合っても合わなくてもじっくり観察してみてください。
吉方位はなし。なくても運気が落ちてるわけじゃない、心がおだやかになるところ、素直になれるところがあなたの心の吉方位です。

★七赤金星・・・あれこれやることが多くて東奔西走の毎日になりそうですが、そういうときこそうっかりミスが多発します。特にお金がらみのことはあせって決めたり不用心になってはいけません。念には念を入れてミスを防ぎましょう。
吉方位はなし。なくても大丈夫、たまにはスパとかでまったりしてください。

★八白土星・・・人間関係の白黒がはっきりしてくるでしょう。去る者は追っちゃいけません、それ以上一緒にいてもお互いに得られるものがないから去って行くのです。潔く手放せば、来年もっといいご縁がやってきます。
大吉方位は東、西、吉方位は北東、南西。立ってる基盤を安定させたいなら東か西、金運は北東、秘密を守りたいなら南西へどうぞ。

★九紫火星・・・忙しくてストレスが溜まってますか? 無理は禁物、走り回ってる人たちを横目で見ながらおいしいもの食べて漫才でも見ながらわははと笑って夜はぐっすり寝ちゃってください。健康第一、心と身体の疲れは早めに回復させましょう。
吉方位は北東、東、西。仕事でガンガン稼ぎたいなら北東、結婚運もしくは家庭運を上げたいなら東か西へどうぞ。

・・・はい、こんな感じです。平成最後の年末、しっかり気を引き締めて楽しくいきましょう。2019年もみなさんにとってすばらしい年になりますように。

 

寝耳に水 2018年12月号


アントワーヌ★
お嬢さまーッ! お嬢さまゥアーッ! ・・・うーんいない、どこへ逃げたのでございましょう。お城の最上階から地下の井戸、お庭の端から端までくまなく探しましたのにお姿が見当たりません。仕方ない、今月はわたくしがお嬢さまに代わりましてタロットでみなさんの運気を生まれ月別にチラ見してまいりましょう。簡易版となりますが、どうぞご了承くださいませ。ではまいりますっ。

★1月生まれ・・・ストレスの原因はすべてあなたのイマジネーションが生み出しています。実体のないものにとらわれて思い悩むのは損ですよ、すべて「なかったこと」にしてきれいさっぱり忘れ,気持ちを切り替えてリスタートすることをおすすめします。

★2月生まれ・・・その問題に取り組むのに疲れてきましたか? でももう少し頑張れば解決するでしょう。勝敗を左右するのは「あきらめない力」です。つまるところその戦いは、自分自身との勝負のようです。

★3月生まれ・・・やる気はあるけど見通しが立たない、この先どうなるかわからないと将来を懸念しているでしょう。・・・大丈夫、あなたはきっと成功するでしょう。その結果あなたはもとより、あなたのそばにいる人たちも幸せになるでしょう。もっと自信をお持ちください。

★4月生まれ・・・いつになく金運が盛り上がっています。「昔取った杵柄」「昔の仕事仲間」「幼なじみ」からチャンスがもたらされるでしょう。復職する人もいるかもしれません。いずれにしてもスムーズに話が進み、まずまずの成果が上げられるかと思います。

★5月生まれ・・・「1人でやる」がモットーでも、今回に限っては誰か協力者をつのってください。灯台もと暗し、意外なところにすごい人材が隠れています。その人と力を合わせれば、不可能が可能に変わるでしょう。

★6月生まれ・・・あなたが温めているそのアイデアは大勢の人の役に立つはずですし、ビジネスとしても十分にうまみがあります。でも具体的な形にしない限り、やがて水の泡のようにはかなく消えてしまうでしょう。そろそろ現実化に向けてチャレンジしてみてはいかがですか?

★7月生まれ・・・仕事にせよプライベートにせよあなたはそのパートナーとうまくいくでしょう、お互いがお互いにないものを与え合うとてもいい相性のようです。ただしいい関係を長続きさせるには「一緒に幸せになる!」という強い意志と目的意識が必要です。

★8月生まれ・・・独りぼっちで生きていると思っていますか? 違います。あなたが気づかないところで複数の人があなたを見守り、応援し、力を貸してくれています。じきにあなたの人生に希望の光が射し込むでしょう。たとえ顔が思い浮かばなくても、その人たちに感謝してください。

★9月生まれ・・・狭い価値観や正義感や常識にがんじがらめになっていると、戦わなくていい戦いを強いられることになります。その戦いに勝ってもまやかしのものしか得られません。昔からずっと信じているもの、こと、人を、一度根底から疑ってみてください。

★10月生まれ・・・人を喜ばせると自分の心が喜びますし、人を傷つけると自分の心が傷つきます。人にすることは地球を一周して自分に返ってくるのです。これからやろうとすることは、あなたの心にどのような影響を及ぼすでしょう? もし少しでも気後れや抵抗があるなら、やめておいたほうがいいでしょう。

★11月生まれ・・・あなたが思い描いている設計図は実に素晴らしいものです。やる気と勇気さえあれば、必ず実現できるでしょう。気弱になっちゃいけません、あなたにはそれをやり遂げる気力と体力と能力が十分備わっています。今が頑張りどきです。

★12月生まれ・・・本当に強い人は強く見えません。虚勢を張る必要がないのでいつも自然体だからです。誕生日おめでとう12月生まれ、あなただって虚勢を張らなくても、強いふりをしなくても、相手の裏をかこうとしなくても大丈夫。もっと力を抜いてリラックスし、人生を楽しんでください。

・・・はい、こんな感じです。今年の年末は温かいですね。朝晩の温度差に気をつけて風邪など引かれませんように。それでは今月も明るく元気に行ってらっしゃいまし!

 

2018年11月の九星別運気と吉方位


全国1千万人の開運ファンのみなさんこんにちは。
今月は出雲で神在祭、来年ぜひ叶えたい夢があるなら15日くらいまでに最寄りの神社で祈願しましょう。 
今年の酉の市は全部で3回、「三の酉まである年は活気がありすぎて火事が多くなる」といわれますので、各自火の元にはご注意ください。
全員に共通の凶方位は北、南東、南。それでは11月7日〜12月6日までの九星別運気と吉方位、さくっとまいりましょう。

★一白水星・・・「神さま、私スターになりたいのです。どうか夢を叶えてください」「ふうんそうなの、じゃあチャンスをあげるからやってごらん」。
その後受けたオーディションでみごと合格、とんとん拍子に人気も出てきて「ああやっぱり神さまっているんだ、ありがとうございます」と幸せを噛みしめるわけですが問題はそのあと、スターになったらなったで先輩のしごき同僚のいじめ後輩の突き上げいやーんなファンのつきまといなどいろいろな軋轢が生じてきます。
しかしそれらは人間界の問題であって神さまの関知するところではない、「キツいんです」と涙ながらに訴えても「せっかく夢を叶えてあげたのにどうして泣いてんの? 人間界のことは人間界で解決しなさい」てなもんです。
念願の昇進、昇級、合格が現実になる流れですが階級が上がればそれに付随するストレスもランクアップします。手放しで喜ぶのもいいですけどかぶとの緒を引き締めていきましょう。
大吉方位は東、吉方位は北東、南西、西。仕事でもっともっと稼ぎたいなら東か北東、玉の輿に乗りたいなら南西か西へどうぞ。

★二黒土星・・・毎日同じ片手鍋で味噌汁を作ってたら本体と取っ手をつなぐネジがゆるんじゃった、なんてことありませんか? そのまま使い続けると危険なのでドライバーでキュッと締め直さないといけません。
これ人間も同じ、毎日同じような菜っ葉や大根やじゃがいも、つまりいつもの面々と同じようなことを繰り返してエネルギーをやんわり燃やしているとどんどんタガがゆるんできます。その結果「シフト変わって」「私の代わりに仕事して」「私の代わりにトイレ行ってきて」みたいなことを平気で言っちゃうようになります。
安定と怠慢、定着と依存、平穏と無神経は紙一重、ゆったりおだやかに暮らすのはいいけれどネジがゆるむと恋愛も人間関係も仕事もお金もグラグラしてきます。
二黒の運気はおだやか〜な空気に包まれていますがこういうときこそ自重して人間関係も仕事も甘えすぎ禁止、あなたが「いいじゃんこれくらい」と思っていることはもしかすると相手には負担かもしれません。何か言いかける前に「自分だったらどう思う?」と考えるクセをつけると厄除けになるでしょう。
吉方位は北西。ワンランク上の自分になりたいなら北西へどうぞ。

★三碧木星・・・SNSが広く浸透したおかげで昔なら埋もれていたような細かいニュースがどんどん表に出てくるようになりました。遠い世界にいた人とも今は簡単につながれますし、つながらないまでもツイッターやインスタを見れば一挙一動がすぐわかるのでまるで自分のすぐそばにいるかのように感じます。でもこれ逆に言うと情報を発している自分自身も周囲からチェックされているということで、下手なことをうっかり発言するとたちまちバッシングされる恐れがあるわけです。
その結果どうなるかというと疑心暗鬼になり遣わなくていい気を遣う、本音を抑えて表向きのことしか言わなくなる、寄らば大樹の陰で主流に右へ倣えする傾向が高まりがちでちょっと息苦しい感じになってきます。
さてそういうときに重宝なのが三碧のあなたの歯に衣着せぬ天真爛漫さ、フリーダム
と言われようがKYと呼ばれようが三碧の真骨頂は「自由奔放」「猪突猛進」「脳天気」にあります。行間を読んで小利口に立ち回るなんてこの星には似合わない、私の行く手を邪魔する者は何人(なんぴと)たりとも許さない&ぶっ飛ばす、私は私のやり方で行く、そんなアヴァンギャルドでパンクでダダイズムな気質を大いに発揮してください、それが周囲の界面活性剤もしくは栄養剤になることと思います。
吉方位は北西。強くて大きな心を保ちたいなら北西へどうぞ。

★四緑木星・・・2018年はまだ2カ月もあると思ったら大間違い、なぜなら11月は亥の月つまり十二支の一番最後の月でありその年のシメの月、子の月である12月に入ると「プレ来年」となり新しいサイクルが始まってしまいます。
だから大掃除は今月中にクリアするのが理想的、ずっと保留していた懸案事項も今月中に片づけるのがおすすめです。四緑は今直感が冴えているのでグレーの案件箱の中身を整理する絶好のチャンス、合言葉は「アイアムザロー」「私がジャスティス」「我がジャッジに一点の曇りなし」。
関わりたくない、食指が伸びない、黄信号が点滅することやものや人はすべて潔く切り離して身軽になっとくと2019年から始まる新時代の波にスムーズに乗れるでしょう。不用品が詰まったロケットは切り離されたのちそのまま海に落下して潮の流れでこの世の果てに運ばれていく、責任逃れとか逃避とか約束破りでない限りあなたが心配する必要はなし、捨てる神あれば拾う神ありの法則によってどこかで誰かがそれなりに対応してくれることでしょう。
吉方位は北東、東。仕事を成功させたいなら北東、お金をガンガン稼ぎたいなら東へどうぞ。

★五黄土星・・・みぞおちがギューッと痛んだときに考えられる要因は辛いものの食べ過ぎやけ食いやけ飲み胃炎膵炎胃潰瘍などでしょうか。身体の不調はいつまでも放っておかずすぐ病院へ、これから年末にかけて医療機関は混み合いますからできるだけ早いほうがいいでしょう。
特に原因が思い当たらない場合は精神的なストレスが考えられます。胃腸の具合が今ひとつよくないのは「気持ちを溜め込んでいる」「自分に起こったことを消化できない」「すんなり水に流したくない」という身体からのサインかもしれません。
・・・思い当たりますか? たしかにこのところ五黄はあれやこれや気の休まる暇がありませんでした、仕方ないです今はそういう星まわりですから。
胃の痛みを改善したいなら浅い呼吸をやめて深い息をする、人のいないところでため息をどんどん出す、「まあいいか」とつぶやく、背中の力を抜く、笑う、温かいお風呂にゆっくり浸かる、温かいものを飲んだり食べたりする、ストレス源から1ミリでも遠く距離を置く、いっそ悩みを投げ捨てるなどが有効ですぜひお試しください。あなたの辛い痛みが一刻も早く治まりますように。
大吉方位は南西、西、吉方位は北東、東、北西。動じない心がほしいなら南西、お金がほしいなら西、難関を上手に乗り越えたいなら北東、もっと稼ぎたいなら東、有力者の力を借りたいなら北西へどうぞ。

★六白金星・・・長い坂道を登ってようやくここまで来ましたね、今のご気分はいかがですか? えっ未完成なイベントがたくさん残ってる? 
心残りがあるようですね、でもとりあえず今は過去をふり返るのはやめましょう、無理にあなたが何かしなくても時間が適当にそれらを処理してくれるでしょうから。
それよりこれから未来に向けての計画を立てませんか、空も心も秋晴れでカラッと乾燥していい感じですし、見晴らしのいいここなら下界の余計な雑念が入ってきませんし。六白のあなたが運を開くコツはできるだけ大きな夢を抱くこと、夢のない六白は停電でストップした電車のようなもの、走りたいのは山々だけど走れない、電車を頼りにしてたお客さんだって困ります。お客さんじゃなくてもあなたの走る姿を見て感動し勇気をもらい明日への希望を抱く人はたくさんいます。
さてこの先もう少し上り坂が続きます、でもあなたなら大丈夫、今のうちにこの冷たく澄んだ空気を吸って吐いて吸って吐いてはい深呼吸、英気を養いながら六白よ大志を抱いてさらに高みを目指せ、一両編成で頑張ってるつもりが後ろふり向いたらいつの間にか十両編成になっててびっくりする、なんてことも今月はあるかもしれません。
大吉方位は西、吉方位は東。家庭とお金を安定させたいなら西、仕事とお金を安定させたいなら東へどうぞ。

★七赤金星・・・友達の友達はみな友達でしょうか? 実際会ってみるとちょっとクセがあったり違和感があったりちょっと厄介な人だったりすることが少なくありません。運よくいい人だったとしてもあっさり縁が途切れちゃうこともあります。やっぱり人脈って縁のもの、名刺交換とか人の紹介とかSNSとかで誰とでも簡単につながれそうに思えてもそうは問屋が卸さない、そこには人知を越えた何かが作用しているようです。
細かいことを気にせず基本誰でもウェルカムな七赤は顔が広めなほうですが今月はさらに交際運が活発化、あちこちからたんぽぽの綿毛のように縁がふわふわ飛んでくることでしょう。短期の縁に混在して長期の縁も飛んで来る予感、取っつきにくいけど気になる人、「あ、この人、」とピンと来た人、どこか懐かしい人、給湯室から営業部に向かう曲がり角でぶつかってお茶をひっかけちゃった人とは将来的に長いおつきあいになる可能性が高いです。気の合う友になる、切磋琢磨し合うライバルになる、いいスポンサーになる、すてきな恋人になる、かけがえのない家族になるなどさまざまな可能性がありますので今月は一期一会を大切にしてください。
大吉方位は南西、北西、吉方位は北東。結婚したいなら南西、有力者とコネをつけたいなら北西、仕事で成功したいなら北東へどうぞ。

★八白土星・・・「今の自分はツイているかツイてないか」を判断するのに占いは必ずしも必要ありません、もっと簡単な判別法があります。はいそれは「ご飯がおいしいかおいしくないか」。おいしくいただけてるならツイている、何も心配せずそのままガンガン進んでいいでしょう。「食欲がない」「何を食べてもおいしくない」というなら身体か心のどちらかが疲れています、原因をチェックして問題解決に向かいましょう。
八白は今年初頭からずっとご飯がおいしいはず、特に今ごろは秋の大収穫祭でポイント3倍、さんまにきのこにさつまいも、なし柿りんごに和栗のモンブランでいやあん太っちゃう〜と。いいえ大丈夫、やせぎすよりちょっとふくよかなほうが若く見えますし運気も上がります、風邪引いたときだって体力あったほうが回復も早いです。
というわけで八白はこれからも堂々と本能に忠実にいきましょう、いたずらに自分を抑えると運気の大回転にブレーキをかけてしまいます、このまま食べたいものをもりもり食べ会いたい人にどんどん会い言うべきことをがんがん言い変えるべきことをばりばり変える、絶好調の今ならそれが難なくできるし術後の経過もいいはずです。
大吉方位は西、吉方位は東。周囲から大事にされたいなら西、先頭切って頑張りたいなら東へどうぞ。

★九紫火星・・・真空パックされた布団になった気分ですか? ぱふっと圧縮されてちょっと息苦しいですよね、気がうまく発散できないので少しイライラするかもしれません。でもうかつに感情を人にぶつけるとあとあと面倒なことになります、ここは少し我慢して大人しくしていましょう、あせらなくても時が来ればあなたを覆っているビニール袋は自然に取り払われますから大丈夫、そうですねこういうときはおしゃれしたり趣味を楽しんだり大掃除して模様替えしたり宝くじを買うなど爪に火を灯すもとい心に火を灯す工夫をするといいですね。
へたに友達に「ねえねえ聞いてもう身も心もぺったんこ!」なんてグチを言うとマウント取られたり揚げ足取られたりするので要注意、ここは人を頼らず唯我独尊で耐えていく、平たい身体には平たい身体の意地がある、ああいかせんべいですよいかせんべいでどこが悪い、ぺたんこでもこの深い味わいは誰にも負けるものですかという居直りも必要です。
大丈夫、ここをしのげば来年は太陽の光に干されてふかふかの布団に復活できることになっています。希望を持っていきましょう。
大吉方位は北東、吉方位は東、南西、西。力強く乗り越えるパワーがほしいなら北東、気力と馬力がほしいなら東、根性出して頑張りたいなら南西、金運を上げたいなら西へどうぞ。

・・・はい、こんな感じです。冷える夜は鍋とかうどんとか焼き芋とか食べてホカホカになりましょう。

寝耳に水 2018年11月号


お嬢さま☆
今年も残すところあと2カ月、時間がたつのは早いものだわ。
アントワーヌ★時間は前に進むのみ、だからこそ「今このとき」を大切にしなければいけません。いつもと同じような日々をのんべんだらりと惰性で送っていたのではもったいないのです。
お嬢さま☆じゃあ毎月のタロット占いを今月は易占いに変えてみるわ!
アントワーヌ★あら面白い。タロットでも易でも得られる答えはほぼ一緒、手段は違っても似たような結果が出るのが占いの不思議なところでございますね。
お嬢さま☆ちょっと頭使うから甘いものをお願い! 
アントワーヌ★ではお庭の栗で栗きんとんをつくりましょう、あつあつのグリーンティーを添えて。
お嬢さま☆ひと口大じゃだめよ、肉まんサイズを10個くらい頬張りたいわ! それでは今月もみなさんの運気を生まれ月別に易を立ててチラ見してみましょう。

★1月生まれ・・・お金は普通にあるし人間関係もとりあえずまあ円満だし体調だって別に悪くないしうんこれってきっと快調ってことなんだろうな、じゃあ好きなようにやっていいんだやっちゃおうっと。
・・・ブルドーザーのような重量感と勢いのあるパワフルな運気ですが調子に乗って周囲の流れをよく見ないまま突っ走ると右からイノシシ左からシカ上からチョウで猪鹿蝶、ほーらつかまえたやっぱり私って運がいいじゃんとぬか喜びしたとたんに前方で鶴と桜と月と鳳凰の四光が通せんぼ、このまま通すわけにはいきませんよと。勝手な真似はあたしたちが許しませんよと。誰に断ってこの街道を快進撃してるんだいと。途中で待ったをかけられたくないなら前後左右の車に仁義礼智信を配りながらお行儀よくドライブするといいでしょう。

★2月生まれ・・・人間って気分がいいとき、ノッてるとき、ツイてるときは南へ向かい、人目を避けたいとき、悩んでるとき、気分がふさいでるときは無意識に北へ向かうものです。だから北は演歌の世界、石川さゆりは上野発の夜行列車を降りて連絡船に乗って凍えそうなかもめを見つめて泣き、都はるみは北の宿で誰も着ないセーターを寒さこらえながら編むわけです。
あなたは今どちらへ行きたいですか? 北かな違うな、だって身体の奥底からユーロビートがノンストップミックスでズンドコズンドコ響いてきてるでしょう、はい南ですね。耳を澄ますとナイトオブファイヤーとかミッキーマウスとかが聞こえてくる、2ステップ踏みながら左右の手をくるくる糸巻きして右手で正面指さし、またくるくる糸巻きして今度は左手で正面指さし、そうそうその調子、そのままパラパラ踊りながら外に出て電車に乗って南へ向かうといいでしょう。

★3月生まれ・・・チャレンジしたけど残念ながらダメだったという経験ありますか? 原因は「実力不足だった」「タイミングが悪かった」「本気じゃなかった」のどれかだったと思います、本心からやりたいと思えないことならむしろ失敗したほうがいいですが、どうしてもやりたい、合格したい、ゲットしたいなどと心の底から熱望することなら時間をずらしてもう一度チャレンジすべきでしょう。
12月22日は冬至、この日はゆず湯に入って太陽の復活をお祝いする日ですが、あなたの運気に関していえばそれよりもう少し早く一陽来復が実現する見込みです。
実力はたぶんもう十分に備わっている、タイミングの神さまはあなたの一挙一動に注目してスタンバってる、あと必要なものはといえば「勇気」だけです。
根性決めて気合いボム四方八方にぶっ飛ばしながらスカッとクリア&リベンジしちゃってください。成功を祈る。

★4月生まれ・・・人の心の原型は明鏡止水、つまり一点の曇りもない鏡や平らかに澄んだ水のような状態です。しかし成長するにつれて計算打算もくろみ邪念などが芽生えて鏡が曇ったり水面が波立ったりしてきます。仕方ありません、だって赤子のように純な心を保っていられるほど娑婆って牧歌的じゃないですもの。
生きてく途中で鏡にひびが入ったり水質が悪化して濁ったりすることもままあるわけですが、人間には原型に戻ろうとする「弾性」がありますので放っときゃ低反発マットみたいに自然に反省して元に戻ってまいります。それでも戻らない場合は周囲が「あなたらしくないよ」「だいぶ荒れてるね」「鏡で自分の顔を見てごらん」などと助言してくれます。
あなたの内側にある鏡はきれいですか? あるがままを映している? ではあなたの心の水面はどうでしょう? おだやかで澄んでいますか?
じきに風が吹いてきます、その風は鏡にペタッと貼り付いたゴミや水面に溜まってるアクを勢いよく吹き飛ばしてくれるでしょう。一時的に水面が大きく波立ったとしても、しばらくたてば元のおだやかさを取り戻すはずです。

★5月生まれ・・・大根特売だからって5本も衝動買いするんじゃなかった、すでに背中に米5キロとジャガイモ玉ねぎにんじんそれぞれ1袋、両手に箱入り粉末洗剤と柔軟剤とトイレットペーパー12ロールかかえてるってのにこれワンゲル部の鬼トレか。
地球の重力を全身に感じながら大根にぎりしめて重い身体を引きずって5階建てアパートの5階までわしわし階段を上っていくわけです。台所でリュック下ろした瞬間にグキッとヘンな音がして腰が動かなくなるわけです。これ重症だぞ下手したら明日パート行けねえぞいやまず今晩寝返り打てねえぞ。・・・生きるって大変ですよね。
自分の力を越えた重いものを背負っていますか? ・・・時間がたつにつれてさらにしんどくなってきますよ、後遺症もきつくなりそうです。手放すなら今のうち、せっかく手に入れたのにとか義理があるからとか最後までやらないと気が済まないなんて言ってないで早いとこ身軽になることをおすすめします。途中で兄弟や親戚の家に寄って車で送ってもらう、タクシー拾う、いっそ道行く誰かに気前よく大根あげちゃうなど道は色々あるかと思います。

★6月生まれ・・・ほしいものを手に入れるときの秘訣はがっつかないことです、ほらあわてる乞食はもらいが少ない、急いてはことをし損じるっていうでしょう。「○○君大好きつきあって!」とストレートに駆け寄ると顔筋こわばったまま逃げられて終わりですが遠回りに囲い込んでから徐々に距離を縮めていくとキャッチできる可能性が上がります。仕事でも「その案件うちにください!」とのどから手を出すと腰引かれますが「うちならこういうふうにできますよ」と距離感空けてプランを複数提示すると「ほう」と興味を持ってもらえます。
根回しして下準備したらあとは放っておく、あっちへ泳いでいかないようにたまにチェック入れる、そして圏内に入ってきたらサッとすくえばいいわけです。いずれにしても必要なのはさりげなさと集中力の程よいバランス、難しく聞こえますが要はやるだけやったらあとは期待して待つ、あせらずに待つのを楽しむということです。
お目当ての魚はあなたの釣り糸に興味を持って徐々に近づいてきてますよ、そろそろタモ網を用意しておきましょう。

★7月生まれ・・・四面楚歌という言葉を聞いたことありますか? はい孤立無援という意味ですね。周囲が全員敵もしくは無関心で誰も助け船を出してくれない状態をいいます。別に珍しいことじゃありません、前門に虎、後門に狼、右門にあずき洗い、左門に砂かけ婆という配置はわりとよくあること、関ヶ原における過去問では島津義弘が強引に正面突破しましたけども単体でやるとケガしますよこれ。
一番いいのはじたばたしないでしばらく様子を見る、形勢が変わるのをじっと待つ、運がよければそのうちあずき洗いがうたたねしたり砂かけ婆がカフェ行ったりする、その隙を狙ってそっと逃げる、逃げた先で目玉おやじが機嫌よく酒飲んでるとこに遭遇して助け船を出してもらえるかもしれません。
四方八方敵だらけ、どう考えても不利な状況にいるときはいたずらに動かずしばらくロッカーや給湯器に擬態して風景に溶け込み、タイミングを見計らって一目散に逃げ出すといいでしょう。

★8月生まれ・・・大きな一歩を踏み出そうとするとき、その行動は内なる正義やルール、もしくは自分の本心に反していないかチェックするのはとても大切なことです。たとえば初デートの約束をしてたのに当日台風が来ちゃったという場合、「こういう日に外出したくないな」という気持ちを無視して「約束だから」と無理やり出かけるとセットした髪は乱れるわおろしたてのコートやバッグはずぶ濡れになるわ帰りの電車は止まっちゃうわでたぶんあまりいい思い出は作れないでしょう。
さて、これからあなたは山登りに出かけようとしています。といってもそれほど高い山ではなくピクニック気分で登れるようなプチ山ですが空を仰いでみてください、ほらちょっと雲行きが怪しいですよね、そのまま雲が消えて晴れてくれればいいですが今までの経験からするとこれちょっとやばそう、下手すると雷が鳴ってヒョウとかバラバラ降り始めて避難場所探してるうち道に迷って沢の近辺で1週間ほど野営するはめになるかもだぞ、そんな不吉な予感がしたらやめといたほうがいいでしょう。山に行くより温かい部屋でせんべいでもかじりながらリスケすることをおすすめします。

★9月生まれ・・・人生ってうれしいことより辛いことのほうが実は多いのではないでしょうか、だって楽しいことばかり経験してたら人間成長しませんもの。そうですね個人差はありますが平均的なパターンで辛いが5にうれしいが2、月曜から金曜までしんどくて週末は楽しいみたいな割合かもしれません。ハードなパターンですと1年間のうち休日は数えるほどというブラックな人生展開もあるでしょう。
ホワイトであれブラックであれ平日休日超越してウキウキできるときもたまにやってきます、いわゆる人生のゴールデンウィークというやつです。その特別な期間は日常のイヤなことをすべてチャラにするほどの高揚感に支配されます。あれどうしたんだろう気持ちがスカッと軽い、いつもの悩みをいつの間にか忘れてる、まわりのみんながすごくやさしい、背中からそっと押されてる感じ、根拠はないけど前途は洋々の予感。
・・・人ごとじゃありませんよ、はいもうじきあなたの人生に大型連休が到来します、日ごろの憂さを忘れて恋だの仕事だの何もかも思いきり楽しんじゃってください。

★10月生まれ・・・何かトラブルが生じたとき、たとえ相手に非があったとしてもとことん追い詰めると自分がケガをします。窮鼠猫を噛む、つまり壁際に追い詰められた鼠は猫を噛むからです。どこかに逃げ口を用意してあげれば勝手にそこから逃げていくので、相手も自分も余計な傷を負わずに済みます。
なのでもし誰かから迷惑をかけられるようなことがあったら最初はやんわり、気づかないようなら2、3枚オブラートをはずして、それでもわからないならストレートに「困ります」と言いましょう。
満員電車で「何この人、人の肩に頭乗っけて気持ちよく寝てやがる」という場合、最初からガチンコでいくと解決するものも解決しなくなります。まずはソフトに身体をずらし、再度もたれかかってくるようならさりげに肩をつついて「大丈夫ですか?」と微笑み、それでもだめなら電話がかかってきたふりをして「その件なんですけど部長! 移動中だから長く話せませんけど私とっても困ってるんです一刻も早く何とかしたいですどうしたらいいでしょう!」と情熱的に仮想会話するといいでしょう。

★11月生まれ・・・駅の北口や西口の繁華街って朝と夜の顔がまったく違いますよね、朝はすっぴん、夜は色とりどりのネオン化粧で別人のようです。どちらが本体かというと朝の顔のほう、しかし人間はあえて自分からだまされに行く、ニセものだってウソつきだってきれいで楽しくて華やかならそれでいいじゃない、しょせん人生は壮大な幻想、錯覚、一夜の夢なのだから。
では次にあなた自身をズームアップしてみましょう。きれいにメイクしたりおしゃれして外見を美しく装うのはいいことですけども肝心なのは目に見えない部分、必要以上に大きく見せたりやせ我慢したり本当は好きじゃないのに好きと言ったり本心を偽って周囲に同調していないでしょうか? それすぐバレますよていうか人間には心があるのでまず自分自身がきつくなってきます、「なんか違う」「これ本当の自分じゃない」「何やってんの私」ってね。何かもくろみがあって戦略的にやってるならいざ知らず、何となくそうしちゃってるならなるべく早くメイクを落としたほうがいいでしょう、ファンデやシャドウをずっと塗ったままでいると素肌が荒れてしまいます。

★12月生まれ・・・人間ってそれぞれが大きな海から抽出されたひとしずくのようなもの、実際身体の60パーセントは水分です。水って親和性があるので人間と人間は基本的になじみあえる、ポリシーや価値観の違いはあっても話せばわかる、わからないまでも同じ水分同士暑ければ蒸発するし寒ければ固まる、「今日も気が遠くなるほど暑いわねえ」とか「こう寒くっちゃ身体が動かないよね、布団から出るのおっくうでさあ」みたいな感覚は共有できるわけです。
さて今月のあなたの水分含有率は少々高め、水分の取りすぎに注意しましょうってそうじゃなくて「気」の話、たとえばパソコンやスマホの機種を問わず何にでもなじんできちんと作動するプラグインとかアプリのようなものといったらわかりやすいでしょうかえっわかりにくい? ええと鉄火肌の火村さんとも岩のように動じない土山さんともはねっ返りの金繁さんとも違和感なくスーッとなじんで親しみ合える体質になっている、そういう意味です。
あなたがニコッと笑いかけるだけで相手の心がすんなり溶けていく、そんな超能力が備わる1カ月になるでしょう。

・・・はい、こんな感じです。誕生日おめでとう11月生まれのみなさん、すてきな月になりますように。それでは今月も明るく元気に行ってらっしゃい!

2018年10月の九星別運気と吉方位


全国1千万人の開運ファンのみなさんこんにちは。
さわやかな秋がやってきましたね。
10月20日〜11月6日は秋土用、秋から冬への変わり目です。「メランコリーな秋」「もの思う秋」になるのは身体と一緒に心も冷えるから。いつも元気でいたいなら温かい服を着て温かいものを食べ、温かい寝具でぐっすり眠りましょう。
全員に共通の凶方位は北、南東、南、北西。
それでは10月8日〜11月6日までの九星別運気と吉方位、まいりましょう。

★一白水星・・・噂が当の本人に回ってくるのは最後の最後です。よい噂であれ悪い噂であれ本人がそれを知ったときはすでにほぼ全員に知れ渡っていると思って間違いないでしょう。なので誰かから「○○なんだってね」と言われたとき、事実に反するなら「違います」と拡声器持ってきっぱり言い放てばいいですし、もし本当なら下手に言い訳したり逃げ隠れしないでモナリザの微笑みでスルー、もしくは「それが何か?」とあっけらかんとしていればいいのです。
今月あなたの周囲で立ち上る噂は・・・ふふふドキドキしますね、「あの人すごい、たいしたものだ」「偉い」「やっぱり違う」「見直した」「私の目に狂いはなかった」など称賛系、喝采系、脱帽系の噂です。
それが偉い人の耳に入って興味を持たれ「最上階へちょっとお茶飲みに来ない? おいしいおまんじゅうもあるからさ」とじきじきにお誘いを受ける流れが予想されます。いい服ビシッと決めて張り切っておまんじゅう食べに行ってください。
大吉方位は東、南西、吉方位は北東。恋がしたいなら東、仕事で出世したいなら南西、才能を認められたいなら北東へどうぞ。

★二黒土星・・・昨今は数千円出せばカッコいい服が買えますし100円払えばたいていの日用品が手に入るようになりました、便利な時代になったものです。しかし一方では「憧れのブランド」も健在、高級品の人気は衰えを見せません。
チープなものとエクスペンシブなものとどこが違うのかというと素材と仕立て、そしてそれを作る人の情熱や想いです。安ものだろうと高級品だろうとどっちもそれなりに使えますが前者には耐久性がない、つまり奥行きがありません。薄っぺらい理由は「それ」に製作者の信条やプライドや心意気が乗っていないからです。
これ、ものに限らず人も同じです。
「適当に見た目つくろっとけばいいや」「そのときがよければそれでいいや」「楽しくて面白ければそれでいいや」なんてチープな生き方しとると「すぐへたるなあ」「賞味期限短いなあ」「見かけ倒しだなあ」などと言われくしゃくしゃに丸められてポーンと放り投げられてしまうでしょう。
この秋のテーマは「いかにウエストの厚みを減らして人としての厚みをふくらませるか」。どうせならとびきりの高級品を目指されますように。
吉方位は北東、南西。難問を解きたいなら北東、仕事で一等賞取りたいなら南西へどうぞ。

★三碧木星・・・自分の星の大雑把な運気バイオリズムは占いとか見れば何となくわかりますけどもじゃあ具体的に私の幸せはいつやってくるの? といったら誰にもわかりません。ただ本人の第六感、いわゆる嗅覚で嗅ぎ取るしかありません。
一般的にいわれる予兆としては「よくも悪くも今までと違うことが起こる」「鼻歌が出る」「偉い人から声をかけられる」「縁起のいい夢を見る」「知らない人からやさしくされる」「茶柱が立つ」などが挙げられるでしょうか。
悪い予感は当たりいい予感は当たらないのが相場ですけども、今月の三碧は鍵穴にカギがバチッとはまってスイッチがカチッと入る感じ、止まっていた時計がコチコチ動き始める感じ、「あ、来たな」と直感できる感じがあるかと思います。
今月からそろそろ潮目が変わりますよ、「チャンスは予期せぬときにやってくる」「そしてチャンスは逃げ足が速い」と心して、足首ぐるぐる回しながら準備運動しててください。
吉方位は東。恋愛したいとか気の合う仲間求むなら東へどうぞ。

★四緑木星・・・身も心も秋晴れ、うわあ空があんなに高い、あの青さに吸い込まれたらいったいどこに出るのかななんてうっとりした気分になる季節ですが足もとをよく見てみましょう、10センチから15センチくらい浮いてませんでしょうか。
自分では「絶好調で身体が軽い」と思っててもフットワークのよさと空回りは紙一重、現実とおのれの認識が噛み合わないとたまに身体が地面から浮き上がってしまいます。「白馬くんあたしのこと好きかなきっと好きに違いないから手作りのお弁当持ってってあげようかな」みたいなことを防ぐには「思い込み」や「期待」という名の遮眼帯をはずす、つまりありのままの現実を見るしかありません。
自分を取り巻くものごとがとんとん拍子に進んでいるかのように見えるときこそときどき立ち止まって遠目に眺める、上から見てみる、裏側に回って電信柱の陰からこっそりのぞいてみる。大事なイベントが控えているときほどそういう作業が必要になってくるでしょう。
大吉方位は北東、吉方位は南西。ウソを見抜きたいなら北東、元気ゲージをフル回復したいなら南西へどうぞ。

★五黄土星・・・ネガティブな経験を自分の糧にするには相応の時間とプロセスが必要です。まずは噛み砕いて飲み込んで消化する、ここで歯が欠けることもあれば胃もたれや胃痛を起こすこともある、次に大腸に流して栄養分を吸収する、その際栄養と一緒に毒素も回ってブツブツや湿疹、気力減退、発熱、頭痛、めまい、幻覚、ひどい場合はひきつけを起こして失神と。そのような過程を経てようやく抗体ができ、もう二度と同じ目には遭わなくなるわけです。
五黄は今年いろいろなものを食べました、高級なものチープなもの好きなもの嫌いなものめったに手に入らない珍味もあった、たまに食あたり起こして「ざんげの値打ちもない」を涙流しながら口ずさんだこともありましたね。しかし人間は食あたりを乗り越えてからが一人前、荒波乗り越えたその先で知識と知恵と抗体が備わります。
悪いものを一気通貫はいツモりました、そんな秋晴れのようにさわやかな流れがそろそろ訪れるころです。食べる前にとりあえず匂いを嗅ぐくらいの用心深さは必要ですけども、この先口に入れるものはおおむね安全と思ってよろしいでしょう。
大吉方位は西、吉方位は北東、東、南西。家庭のゴタゴタを解決したいなら西、才能を認められたいなら北東、恋愛とか結婚したいなら東、仕事で成功したいなら南西へどうぞ。

★六白金星・・・同じような実力と運を持つ人同士が競い合い、持久戦に突入した場合、最後の決め手は何でしょう? ・・・はい「踏ん張る力」ですね。外部要因に動じることなくそのままググッと気力体力緊張感を持続させて持ちこたえる力のことです。戦いが長引いたとき、これが強いほうが必ず勝ちます。
六白は人一倍強靱な踏ん張りパワーを持っています、人に負けるのはもとより自分に負けるのが何より嫌いだからです。今年に入ってからいろいろ我慢したり耐えることが多くてどのくらい踏ん張れるか試されてたでしょう、今月は最後のひと山越え、どうだ登れるか登れるもんなら登ってみいお前の全人生をかけてどこまでよじ登れるかやってみい的なイベントがあるかと思います。
正直ここが正念場、周囲もあなたがどこまで頑張れるか固唾を呑んで見守ってます。「まだまだッ、まだまだッ」と自分に言い聞かせながらヒッヒッフーの腹式呼吸で乗り切ったあかつきには、信頼とか実績とか自信とかお金で買えない貴重な宝ものが手に入るでしょう。
大吉方位は西、吉方位は東。天の力を借りて越えがたきを越えたいなら西、気分を上げて楽しく乗り切りたいなら東へどうぞ。

★七赤金星・・・「逢魔が時」って言葉を聞いたことがありますか? おろしたての白ブラウス着て店入ったら店員さんがつまずいて背後から赤ワイン浴びちゃった、1万円渡したのにおつりの単位がひとケタ少なかった、電車やバスに乗ったら隣にヘンな人が来ちゃったなど「いやーんな目」つまり「魔」に遭いやすい時間帯のことです。
「夕方から夜にかけての薄暗いとき」と定義されるのは、暗さに目が慣れていないので見えるものが見えなくなり、見えないものが見えるようになるということでしょう。それは向こうの世界にいる「魔」にとっても同じです。
いやな目に遭うのはもちろんあなたが悪いわけじゃない、ただ「間」というかタイミングがヘンに合って「魔」に目をつけられちゃっただけのこと、じゃあ予防策としてどうすればいいかというとひとつは「ぼんのくぼ(後頭部のふくらみの真下にあるへこんだところ)から首のつけ根の出っ張ったところを守る」が挙げられます。
ここはいろいろな意味での急所、ここが無防備だと魔につけ入れられやすくなったり邪気が入って風邪引いちゃったりします。スマホ見てるときなどみなさんものすごく無防備なのでお気をつけください。七赤はこのところ快進撃中ですが魔というのは気ぃ抜いてるちょっとした隙を狙ってやってきます、思い当たる方は外出時スカーフを巻いたりコートの襟を立てるといいでしょう。
吉方位は南西。絶好調の心身をキープしたいなら南西へどうぞ。

★八白土星・・・日光東照宮の陽明門はなぜ1本だけ逆柱なのでしょう? はい「満つれば欠ける」、「下手に完成させるとあとは崩壊に向かうだけ」という考えからわざと未完成状態にしているのですね。その昔家を建てるときに瓦3枚残したのも同じ理屈です。
今月九星対抗幸せ度コンテストを開いたら栄光の第1位を獲得するのはたぶん八白のあなたでしょう、人にもお金にも恵まれていい気分、ふふふあたしってやっぱりすごい、こうなったら周囲の人間を意のままに操ってこの世の富をすべて手中に収めたろか! なんて「傲慢 高飛車 厚顔無恥」と書かれた掛け軸を床の間に飾ってふんぞり返っとると超高速で運気が欠けていきますのでお気をつけください。
満ちた状態をずっとキープしたいなら床の間から掛け軸はずして代わりに「みなさんのおかげですと笑顔で頭を下げましょう」「欲張らずに腹七分で我慢しましょう」「誰かにおすそ分けしましょう」などの安全標識を貼っとくといいでしょう。
吉方位は北東、南西。才能にみがきをかけたいなら北東、何があっても明るく元気で前進したいなら南西へどうぞ。

★九紫火星・・・迷ったとき、どうしていますか? ネットであれこれ調べてもあたりさわりのないことばかり書いてありますし、友達に相談しても「うーん」「そうだねえ」「それよかお腹空いたからふわとろパンケーキ食べに行かない?」と矛先変えられちゃいますし、自分でタロットめくっても人物カードばかりずらりと並んで「何これ意味わかんない」になりがちです。
結局自分の悩みは自分でうんうん考えて最終的には自分で決めるしかないのですが、「いいんだ、これでいいんだ」と何度も自分に言い聞かせなくてはならない結論、心の底に抑えつけてもいつの間にかふわりと浮き上がって来ちゃう結論、不安と紙一重の結論など無理やり出した答えはたいてい間違えます。自分の気持ちがぐねぐねしてるときはいったん白紙に戻して答えを延期したほうがいいでしょう。
女心、猫の目、秋の空。今月の九紫の内面世界はそんな感じです。どうせくるくる気持ちが変わるならとことん変わればいい、落ち葉の舞い散る遊園地でくるくる回るコーヒーカップに乗ってどんよりした気持ちを遠心分離してシャッキリしたレタスみたいな心を取り戻す、そんな心意気でいきましょう。
大吉方位は西、吉方位は東。家庭内の悩みを解決したいなら西、友達や恋人の悩みを解決したいなら東へどうぞ。

・・・はい、こんな感じです。朝晩の温度差に気をつけて楽しく元気にお過ごしください。

アントワーヌとお嬢さま☆お知らせ


本日のお題:anan2122号(10月10日発売)
「2018年後半・開運のためのレッスン。」

アントワーヌ★お嬢さまーッ!(ドドド) お嬢さまゥアーッ!(ドドドドド)
お嬢さま☆何なの騒々しい、秋の行楽はどこへ行こうか鼻歌歌いながら今ネットで温泉情報見てたところなのに。
旅行はいいわねきれいな景色が見られて日常の憂さを忘れられるしおいしいものがたくさん食べられるし何もしなくても上げ膳据え膳で眠くなったらすぐ眠れるし。朝のバイキングも楽しみだわ目の前でオムレツやホットケーキ焼いてくれるのだもの。
アントワーヌ★どうせ時間とお金と体力使って旅行に行くのなら吉方位に行ったほうがおトクです、行くだけで幸運の気が吸収できるのですから、しかも幸運の気はタダでございます。
知らずに凶方位へ行くと余計なお金使ったり予期せぬアクシデントが起こったり湯あたりしたり帰りの新幹線で弁当広げた途端に隣の客がくしゃみを連発するなど「こんなはずでは」ということが起こりがちです。
お嬢さま☆ええと候補に入っている旅の行き先は・・・よかった、吉方位だわ!
アントワーヌ★運のいい方、運を上げようと日々努力なさる方は無意識のうちに吉方位に行きますが、運のよくない方、運に無頓着な方はたいてい凶方位に行くものです。
お嬢さま☆運ってどうやって上げればいいの。
アントワーヌ★難しいことは何もありません、日々の衣食住をおろそかにせず毎日楽しく元気に過ごせばよろしいのです。古来伝わる季節の行事を楽しむのも大切なこと、大きな行事がある日には天界の門が開きます、天にお願いごとをするならその日がチャンスなのでございます。行事を楽しむことで「日本のバイオリズム」に乗っかることができ、運気がふらふらしてる方はビシッとカツが入り、運気がしっかりしてる方はさらに強靱に運がふくらみ勢いがついて快進撃できることでしょう。
お嬢さま☆行事って何? じゃあ具体的にこれから何をすればいいの?
アントワーヌ★そのことにつきましては10月10日発売のanan「開運行動学特集」に詳しく出ております、それっ。next issueを開きますと江原啓之さんを筆頭にそうそうたるメンバーが貴重な開運レッスンを伝授、隅っこにちょこんとオペラ沢かおりの「ハレの日にすべきこと」も載っております。この秋にすべきこと、行事を活用した開運法が楽しくわかりやすくまとめられていますので、運を開いてさらに幸せになりたい方は売り切れる前にぜひ書店やキオスク、コンビニ、AmazonへGO! でございます。
お嬢さま&アントワーヌ☆★みなさまどうぞよろしくお願いいたします(一同礼)。
それでは引き続き、快適な10月をお楽しみください。

寝耳に水 2018年10月号


アントワーヌ★お嬢さまもう10月でございますよ、今年も残すところあと3カ月、すでに4分の3が過ぎました。時のたつのは早いものですね。
お嬢さま☆栗やカボチャやさつまいも、ナシにぶどうにイチジクと秋の味覚が楽しめるのは今だけだから食べるのに大忙しよ!
アントワーヌ★お嬢さまったら相変わらず食いしん坊。しかし人間食欲のあるうちが花。秋のご馳走を前にして「食欲ないの」はダイエット中か体調が悪いかのどちらかでしょう、このさわやかな秋に体調が悪いなら四の五の言わず健康診断でございます。
お嬢さま☆なんだかお腹が空いてきたわ、バターの香りが立ち上るほくほくのスイートポテトをお願い! 2コ3コじゃだめよ、軽く10コはいけるわよ!
アントワーヌ★かしこまりました、では熱々のロイヤルミルクティーも持ってまいりましょう。
お嬢さま☆それではお菓子が焼き上がるまで今月もみなさんの運気を生まれ月別にタロットでチラ見してみましょう。

★1月生まれ・・・
「あ、こりゃダメだ」と本能の赤信号が点滅するとき、そのまま進むとたいていアクシデントが起こります。「他の人がみんなそうしてるから」「ここで立ち止まると体裁が悪いから」「今までやってきたことを否定することになるから」などという理由でそのまま進むより、いったん止まって「やーめた」と引き返したほうがいいでしょう。
「あれっどうしたの」と周囲からビックリされたら「ううんいいのこれで」と微笑みながら進行方向を変える、そんな身のこなしと勇気が今月は必要になるかもしれません。「急がば回れ」「突き進む無謀よりやめる理性」「あっバイトの時間だ!」と言い放って素早く元の道に戻りましょう。

★2月生まれ・・・お金の出し方にはその人の品性が表れます。特にケチっちゃいけないのが冠婚葬祭費、気前よく出せば「太っ腹」「器が大きい」とほめられますが出し惜しみすると以後どんなに取り繕っても「でもケチなんだよね」という脚注がついてしまいます。
お世話になった人にギャラや代金を渡したり、借りたお金を返すときも同じです。「もうちょっと負けてもらえませんか」「あと1カ月待ってくれないかな」で相手の恩に仇で報いることになる、そうなると「ケチ」に加えて「あの人は信用できない」「人としてどうなのか」「もう二度と取引きしない」という烙印がズバコンと押されてしまいます。信頼はお金で買えません、出すべきときはきっちり耳揃えて出す、期限内早めに出す、時と場合によっては倍返ししてもいいでしょう。

★3月生まれ・・・頑張って望みのものを手に入れたい、誰しもがそう思い努力してほしかったものを手にします。しかし本当の勝負はそのあと、つかんだ幸せをキープするのって意外に大変なんです。
片思いが成就して一緒になってもいや一緒になるからこそ相手のアラが見えてくる、もちろん自分のアラも相手にバレる、そこでお互いに許容し合えるのか。大口の仕事取ってきても相手の要望に添うことができるのか、プレッシャーに押しつぶされずに実力を存分に発揮できるのか。9号サイズのボタンがはまってもその腹回りをいつまで維持できるのか。
今月、3月生まれは夢をつかむでしょう。しかしつかの間の夢で終わらせたくないなら軌道に乗るまでしばらく我慢、慣性の法則が働くようになるまで気を抜かず努力し続けてください。

★4月生まれ・・・「河童の川流れ」「弘法も筆の誤り」って言葉、聞いたことがありますか? 風景を想像すると面白いですよね、今まですいすい泳いでいた河童がうっかり渦に巻き込まれてくるくる回転しながら「かっぱっぱー」と細い声で叫びながらあっちへ流れていくさまはあわれさと切なさとおかしさが三位一体です。
あるいは書道の達人・弘法大師。周囲がじっと見守るなか、ごっつい筆で勢いつけて「海千山千」と書くつもりが「海原千里万里」と書いちゃった日にゃああなた、まわりはどうしていいかわかりませんよ。
猿が木から落ちるってこと意外に多いんですよね、「絶対に大丈夫、だって慣れてるし」「こんなの朝飯前」と思っても、ちょっと気がゆるんで河童や弘法大師みたいなことになっちゃうかもしれません。どうしても失敗したくないことがあるなら、念のため誰か信頼できる人にサポートしてもらうといいでしょう。

★5月生まれ・・・どんなに素晴らしいアイデアも、それを現実化しない限りブラックホールに吸い込まれて消えてしまいます。もしかするとそれをきっかけに劇的に人生が変わるかもしれないのに、もったいないですね。
今何か一人で温めていることあるでしょう、それ悪くないアイデアですよ。一人であれこれ考えてやっぱり無理かなそううまく行くはずないもんな人生甘くないもんなんて尻すぼみしてはいけません、誰かに相談してみてください。
いとも簡単に「あ、それいいですねやりましょう」と尻馬に乗ってくれるか「大丈夫、あなたならできますよ」とお尻を叩いてくれるはずです。
今月は重いお尻を軽くして「そんなの無理に決まってる」なんて適当なこと言う人を尻目にフットワークよく動いてください。

★6月生まれ・・・仕事でもプライベートでも一番多いのは人間関係の悩みです。人と人が袖擦り合って生きているのがこの世の中ですから多少のいざこざは仕方ありません。
ただし例外もあります、それが今月のあなたです。出会う人出会う人みんないい人ばかり、「今日はさわやかな秋晴れで気持ちのいいこと、スコーンを焼いたのだけれどよろしければ食べにいらっしゃらない? バラが見ごろの中庭にテーブルを出しましたのよ」「ごめんねジュン子あたしが悪かった誤解してたううん本当はあんたに嫉妬してた、これおわびせめてもの気持ちロクシタンのシャンプートライアルセット、ジュン太郎との温泉旅行に持ってって」「憧れのジュン子姐さんとご一緒できて光栄です、てまえ未熟者ですが一生懸命ついてまいりますのでご指導ご鞭撻のほどよろしくお頼み申します」と向こうから気ぃ使ってくれていい感じになるでしょう。久しぶりに人間関係和気あいあいのスペシャル月間をご堪能ください。

★7月生まれ・・・子どものころは五感を研ぎ澄まして「何でも見てやろう、聞いてやろう」と思っていても、大人になるにつれて「見たいものしか見ない、聞きたいことしか聞かない」になってしまいます。「こうあってほしい」「こうでなければならない」という気持ちが目や耳をふさいでしまうのですね。
「願望が現実の柵を乗り越えないようご注意ください」とカードが告げています。「何としても」という情熱はわかります、わかりますけども現実がまだ追いついていない、下手に突っ走るとドンガバチョもといドンキホーテみたいになっちゃうかもしれませんよ。ここは気持ちを落ち着けて情熱をへそ下の丹田に落とし・・・ってあーあすでに臨戦態勢に入っちゃってますか何を言ってもムダかなあ。
まあいいでしょう何もしないより失敗したほうが経験値が上がります、失敗しないとわからないことだって世の中にはたくさんありますからね。でも逃げ道を残しながらできるだけ慎重に失敗してください。

★8月生まれ・・・六法全書がなぜあんなに分厚いかというと、人間は生もので基本的にいい加減なので秩序を保とうと努力しないとたちまち社会がカオス化してしまうからです。それは職場でも家庭でも同じ、一定のルールを決めとかないとさまざまなトラブルが生じます。していいことといけないことを順守するのは、相手はもちろん自分の身を守るためでもあるのですね。
今月、ちょっとした緊張状態が発生するかもしれません。原因は領土侵犯、精神的領土か物理的領土かはわかりませんけどもいずれにしても相手からの一方的な侵攻が予想されます。そのまま黙っていてはいけません。
「冷蔵庫にしまっといた私の大事なチョコプリン食べたのお姉ちゃんでしょう」「ママったら勝手に私のスマホ見ないでよ」「あのうそこウチの部屋です、おたくはウチの下ですよ」「三本木師長それ私が注文したワンタン麺です猛烈な勢いですすってますけどおいしいですか、師長が頼んだのはエビ炒飯でしょう」。
親しき仲にも礼儀あり、言うべきことは言うべきときにきちっと言ったほうがお互いのためになるでしょう。

★9月生まれ・・・この世に生まれ落ちるということは宇宙から時間を与えられるということです。宇宙を「大自然」とか「神さま」という言葉に置き換えてもいいでしょう。どれだけの時間が与えられるかはフタ開けてからのお楽しみ、いただいた時間を何に費やすかはまったくの自由、延長は基本無理、短縮はできますがせっかくもらったものをむげにするのももったいない話です。なんだかんだいっても人生はあっという間なのでできるだけ楽しく明るく元気よく自分のやりたいことをやったほうがいいでしょう。
なぜこんなお話をしたかというと、今月あなたは誰かから時間と同じくお金で買えない貴重なものを与えられる暗示だからです。秘伝のワザの継承かな遺産かな愛情かな新しい家族かなそれともぬか床かな。それなりに緊張感はつきまといますが、責任感と努力と持ち前の知恵で授かったものをうまく回していく、さばいていく、楽しみながらやりくりしていくのではと思われます。

★10月生まれ・・・「8時ちょうどのあずさ二号で旅に出よう!」と勇んで駅に行ったところ、「現在運転見合わせ中」の案内表示が出ててガッカリしたことありますか? 
期待していたことがおじゃんになると人は誰しも肩を落として落胆するものですが禍福はあざなえる縄のごとし、それ、いいことが起こる前ぶれかもしれませんよ。
運転再開までとりあえずお茶でも飲もうと構内カフェのカウンターに坐ったところ男性が隣に立ちましたと。「ここ空いてますか」「・・・どうぞ」「あっすみませんコーヒーこぼしちゃった」「あっいえ大丈夫ですお気になさらず」「よかったらこれ使ってください」とピカピカのハンカチ差し出されてふと顔見ると超タイプ、「お詫びにケーキ買ってきます、和栗のモンブランでいいですか」とニカッと微笑んだ前歯が北アルプスの白馬岳より真っ白でしたと。さりげなく始まった会話でよくよく話聞いてみたら築浅白レンガ最上階角部屋日当たり風通し家賃コスパすべてよしの超優良物件でしたと。その日の運転再開はかなわなかったものの「じゃあ来週ご一緒しませんか、同じ時間にこのカフェで待ち合わせしましょう」ということになりましたと。
誕生日おめでとう10月生まれ、そんな塞翁が馬、ひょうたんからコマ、結果オーライな流れが期待できる暗示です。宇宙のいきなはからいにご期待ください。

★11月生まれ・・・「これが私の宝もの!」とギュッとつかんでいるものをふと見てみたらカビが生えてた、腐ってた、なんてのはわりとよくあることです。思い込みってこわいですよね。
手放そうかどうしようか迷っている人、もの、こと、思いがありますか? どんなに考えても結論が出ない? ・・・両腕回してガバッとしがみついているうちはそれが本当の宝ものかどうかよくわかりません、近すぎるからです。いったん離れてちょっと距離を置けば「この人自分のことしか考えてないじゃん」「これ恵比寿さまじゃなくて妖怪じゃん」「この柱倒れそうじゃん」「この考え方は自然に反してるな」などといろいろ見えてくるでしょう。
「これもういらないや」と思ったら潔く見切ってポイしたほうが懸命です、そのあとしばらく心もとなく感じるかと思いますが、「その先でもっといいものが手に入りますよ」とカードが告げています。肩に力を入れなくても、ギュッとしがみつかなくても、我慢しなくても、自分にウソをつかなくてもずっと温かい光を放ってくれるものはほかにちゃんとある、しかもそれ、わりとすんなり見つかりそうです。

★12月生まれ・・・若いうちは「こうでなきゃ!」と自分で状況を強引にコントロールしようとしますが、経験を重ねるうち「なりゆき任せのほうがラクだしいい結果が出る確率が高い」ということがわかってきます。何もせずに寝っ転がって棚ぼたを待ちましょうという意味ではもちろんなく、自分でできることはすべてやったうえであとのなりゆきは天に任せましょうという意味です。
今月、古い何かがひとつ終わりを告げるかもしれません。でも終わっていいから終わるわけで、無理やり引き留めても自分やそれを取り巻く運気が乱れるだけ、パルプンテの呪文でたまによみがえることもありますけど結局はあんまり長続きしません。
「なりゆきを見守る精神力が試されるでしょう」とカードが告げています。何かが終わるのはせつないかもしれませんけどもそこであなたの人生が終わるわけじゃない、むしろ終わらなければ始まらないことがある、そこに希望を見出して明日を静かに待てるかどうか、軽く天から試されるかもしれません。

・・・はい、こんな感じです。あれだけ暑かったのがウソみたいに秋が深まってますね、体調管理に気をつけて夜は温かくしてお休みください。それでは今月も元気で行ってらっしゃい!

2018年9月の九星別運気と吉方位


全国1千万人の開運ファンのみなさんこんにちは。
いやあ今年は炎暑でしたね、夏土用の関西なんて暑いの暑くないのってフライパンの上ゴロゴロ転がされてるウインナーの気持ちがよくわかりました。
9月20日〜26日は秋のお彼岸、この頃にはようやく暑さも鎮まり生きてる人も死んでる人もホッとひと息つけるでしょう。「いやあ今年の娑婆は暑かったね」「白い着物が汗で貼り付いて気持ち悪いったらありゃしない」「幽霊もラクじゃないよね」「じゃあ同じ寺の仲間誘って暑気払いでも行きますか」「いいねー!」なんてね。
丸いお月さまでも見ながら深まる秋をお楽しみください。

全員に共通の凶方位は北、東、南東、南、西。それでは9月8日から10月7日の九星別運気と吉方位、まいりましょう。

★一白水星・・・「友達なんかいなくても生きていける」と気づいたのはいつごろですか? 人間はもともと「ひとり」が初期値、それが生きていくうちにさまざまな縁が生まれてくっついては離れくっついては離れしてどんどこどんどこ流れていくわけですね。うれしい縁もあればいやーんな縁もある、あとから考えればそれぞれちゃあんと意味がある、みなさん絶妙のタイミングで登場するべくして登場しています。相手にとってのあなたも同じです。
今関わっているお相手がどのような人であれあとから考えれば「水もの」、きっといつかはそれぞれの支流に分かれていくのであまり執着しないほうがいいと申しますか執着しても意味がない、一緒にいて楽しいなら今を楽しめばいいですし楽しくないならそっと距離を置けばいいだけの話です。実はこれは友達に限らず親兄弟も一緒です。
人間関係で深く葛藤したときは「一生つき合うわけじゃなし」と心のどこかで思ってるといいかもしれません。
吉方位はなし。なくても大丈夫、好きなところで好きなことをやりましょう。

★二黒土星・・・自分がどんな環境に身を置いているかは自分ではなかなか客観的に見られないものです。「こんにちはーあっこの家ちょっとすごいなー」と家に来たお客さんは即わかりますがなかなか本人には言えませんし、「ジッ子あんなグループに入っちゃって大丈夫かな」と周囲が心配してもなかなか本人には言えません。
そこで大事になってくるのがメタ認知、意識を天高く飛ばして高所から自分の姿や周囲を見る作業です。これができないと間違った道進んでても気づきませんしヘンな服着てても気づきません、水平に広がるクラシックチュチュ履いたバレリーナみたいな格好で平気で埼京線乗っちゃったりします。
頭が冴えてる今月はふとした拍子に幽体離脱できる暗示、高いところから自分の姿見て「だめじゃんこれ」とか「まあまあかな」とか気づくことでしょう。よくも悪くも今月見える風景はすべて真実、そのままでいいなら自信をもってそのままでいく、軌道修正する必要があるならえいっと修正してください。
吉方位は南西、北西。人間関係でいやな目に遭いたくないなら南西でパスタ、大きな勝負が控えているなら北西でカラシきかせたサンドイッチ食べてください。

★三碧木星・・・夏は暑いのでイライラ、カッカしやすくなりますが、反面、体内にくすぶっていたものが熱であぶり出されて蒸発するというメリットもあります。つまり奥底に眠っていたもの、押さえつけられていたものがすんなり体外に出て行くわけですね。いろいろなものを溜め込むのが冬ならば、いろいろなものを発散させるのが夏なんです。
三碧は基本的に明るくカラッとした体質ですがやっぱり溜まるものは溜まる、人間だもの。心身に溜まったもののことを業界では「厄」とか「ストレス」とかいいますが、これが今月蒸発する前に最後のひとあがきといいますかイタチの最後ッ屁をひる可能性があります。まあどどーんと打ち上がってパッと消えていく夏の終わりの花火のようなもの、この花火ちょっと臭くね? あれ花火って臭かったっけ火薬って発酵してるのかねみたいなこと考えてるうちにいつのまにかなんだかスッキリしちゃった、暑さ寒さも彼岸までだねと。そんなちょっぴりデカダンな初秋になるでしょう。
吉方位は北西。難題をスカッと解決したいなら北西の山や丘やホテルの最上階で歌をうたってください。

★四緑木星・・・こぐ(操業する)のをやめると倒れてしまうのでやむを得ずこぎ続ける(操業し続ける)ことを自転車操業といいます、このところのあなたはそんな状態ではなかったかとお察し申し上げます。でもずっとペダルこぎ続けてると心身が摩耗しますよ、行き着く先は地獄の1丁目です。
必要があろうがなかろうがちょっと休憩取りましょう、ピンと張った糸は切れやすいですからね、ここであえてちょっぴりゆるめてみましょうか。ああここにちょうどいい岩がありますね、流れる川を見ながら少し涼みませんか、靴を脱いで水に足を浸してみてください、ほら気持ちいいでしょうスーッと汗が引いていく。
はい梅干しのおにぎり、辛子明太子おにぎり、ゆで卵乗せカレーピラフむすびもありますよ、ミントティーのおかわりはいかがですか。
休憩の利点はHPやMPのゲージが回復するだけじゃなくいろいろなものを咀嚼したり噛み砕いたり飲み込んだりいらないものをペッと吐き出したりする余裕ができることです。ここでしっかり英気を養っておきましょう。
吉方位は北西。気持ちを切り替えてリスタートしたいなら北西でステーキ食べてください。

★五黄土星・・・ここにまだ一分の望みがあるとかもしかしたらいいほうに変わるかもなどという甘えや執着心をベリベリッと引きはがしてありのままの真実だけを見ようとすることを「吹っ切る」といいます。気持ちが後ろ髪を引かれてもそれが問題解決に向かう一番の近道です。
五黄はもともと吹っ切るのが上手な星ですがこのところ妙に感傷的になってああでもないこうでもないと右往左往していました、しかしそれは結局時間の無駄遣いであった、おのれの願望と現実はそうそう簡単に手を結んでくれない、どころかどんどん乖離していることにそろそろ気づいているころかもしれません。
でも手探りで歩いていた無灯の世界に今月からぽつぽつ明かりが点灯し始めますよ、「あ、あそこに道がある」「あ、あっちにもある」「なんだ道はひとつじゃないんだ」とじきに気づくことでしょう。五黄の底力がこれから頭をもたげて本領を発揮し始めることと思います。
吉方位は南西、北西。人間関係を整理したいなら南西でおにぎり、新しい出会いがほしいなら北西でミルフィーユを食べましょう。

★六白金星・・・9月23日の秋分の日を中日とする前後3日間、合計7日間は秋のお彼岸。運気がしっとり落ち着くこの時期は来年のことを考えてみるといいでしょう、つまり2019年の自分は何をして何をしないかということです。
今年に入ってからいろいろな問題が浮上してスパッと答えを出した六白も少なくないかと思います、そうですそれでいいんです、ご自分の出した結論に自信を持ち自分の手に負えることだけ頑張って、負えないことは放っておきましょう。たぶん時間が解決してくれる、解決してくれなかったらそれは解決しなくていい問題ということです。
ちょっとした後悔とか反省とか怒りとか哀しみとかが床屋の赤青白のサインポールのようにぐるぐる回転するなら模様替え大掃除本棚の整理など身辺整理推奨、古いもの溜め込んでるからそうなるわけで、いらないものを捨てれば気持ちがスカッと整理できます。未来は広い空間に入ってきます、過去から前に進みたいなら身の回りの隙間をグイッと空けましょう。
吉方位はなし。なくても別に不運というわけじゃない、好きなところで好きなことをやりましょう。

★七赤金星・・・お神輿に担がれた神さまの気持ちを考えたことありますか? 
ワッショイワッショイ威勢のいい声に乗って流れゆく風景を眺めながらこんなこと考えてるかもしれませんよ、この家はもう半世紀以上頑張ってるな大黒柱がしっかりしてるもんなあ、あそこ子ども生まれたのかずいぶん大きな女の子だねあれは将来働き者になってたくさんの人を助けるぞ、社長のぼんくら息子は相変わらずしゃあないなあでも悪い意味でみんなのお手本になるからそれはそれでよし、この大木に宿ってるものは頑固だけど人知れず尽力して周辺の人間をよく守ってる。そうやって氏子や地元のようすをしっかり観察してひとりでも多く幸せになりますように平和に豊かにおだやかに発展していきますようにと光を振り注ぎながら渡御するわけです。
物理的に手を出さなくても想念の力つまり念力によって神さまと同じように人間も周辺の状態を変化させることができます。悪い想念は自分や周囲を暗く濁らせ、よい想念は自分や周囲を明るく清らかにします。今月の七赤は想念の力がいつもの4割から5割増し、どうせなら神さま見習って周囲の世界によい想念を放ち、世界平和にひと役買っていただきたいと思います。
大吉方位は北西、吉方位は北東、南西。幸せを疎外するものと縁を切りたいなら北西の神社仏閣、心を強くしたいなら北東の澄んだ水辺、いい出会いがほしいなら南西の駅ビルやSCでゆっくりしてきてください。

★八白土星・・・陰と陽の境目に最も重要な気が宿るように、ものごとの真実というのは境界線に隠れる性質があります。聖なるものはうさんくさいものと神聖なものの間に隠れ、善は悪と正義の間で身を潜め、最も必要なものはいらないものといるものの間にまぎれ、幽霊は夢と現実の狭間にこっそり隠れていたりします。
赤に見えるものが本当は青で青に見えるものが本当は赤だったりしたことあるでしょう、なのであんまり表面だけでものごとを判断しないほうがいいです、全身の毛穴でピンと来ること以外は「一見そう見えるけどはたして本当にそうだろうか?」、そういう問いかけが常に必要です。
「このイベントはとんとん拍子に進むはず」「この人に裏なんかあるわけない」「私の考えは絶対に間違っていない」と思いたいのは山々でも、実は山々なことほど狭間にするっともぐり込みやすいのでたまに疑ってみたほうがいいかもしれません。
吉方位は南西。好きな人、憧れの人と仲よくなりたいなら南西でネックレスを買ってくるといいでしょう。

★九紫火星・・・「ものをもらう」には2通りの理由があります。ひとつめは過去に誰かにあげたものが形を変えて戻ってくる、ふたつめは運の前借りです。
ひとつめの理由で何かを得るなら放っておいてもいいですが、問題はふたつめの理由で何かを得た場合です。たとえば宝くじやギャンブルで大金を得た場合がそれ、そのまま手放しで喜んでると代償として自分の運気がどんどん削られてしまいます。もらったものと同じ分量の何かを返せばとんとん、それを土台にして幸せになりたいなら倍返しが必要です。
今月、九紫はいろいろな人からいろいろなものをプレゼントされるかと思います。「これこの間のお礼です」「お金返すねありがとう」「いつもお世話になってます」ならいいですが、気をつけたいのは棚からぼた餅的な、ひょうたんからコマ的な流れでするりと入って来るものです。そういうものを受け取ったらその対価として何を差し出せるかよく考える、あっこれ自分にはムリだわと思ったらお返しする、多少苦労してでも受け取る価値があると思うならありがたく受けるといいでしょう。
吉方位は北東、南西、北西。強気でいきたいなら北東のどこか高い場所へ行く、みんなと楽しくやりたいなら南西の繁盛店に入る、人生をいいほうに変えたいなら北西の神社仏閣で頭を下げてきてください。

・・・はい、こんな感じです。9月は30日まで、あっという間に秋が深まり冬が訪れるでしょう。長袖を早めに出して、平成最後の年末を実り豊かにお過ごしください。

寝耳に水・2018年9月号

お嬢さま☆いつまでも暑いわね、おなかすいちゃったわ!
アントワーヌ★暑さと空腹が結びつくのは世間広しといえどお嬢さまくらいでしょう、先ほど1斤重ねのクロックムッシュを召し上がったばかりじゃございませんか。
お嬢さま☆すいたんだから仕方ないじゃないの。
アントワーヌ★お嬢さまは中身が空洞なのでどんなに食べても満足するということがないのですね、仕方ありません、では秋らしくお芋のアップルパイを焼きましょう。
お嬢さま☆空洞で悪かったわね! 人間だって口からのど、胃、腸、お尻まで連なる1本の管じゃないの。
アントワーヌ★はいはい、ではわたくしはお庭にお芋を掘りに行ってまいります。
お嬢さま☆冷たいミントティーもお願い! では今月も生まれ月別にタロットでみなさんの運気をチラ見してみましょう。

★1月生まれ・・・「あなたはみごとにそれをやり遂げるでしょう」とカードが告げています。ゴールが遠すぎて最初は視界が悪くても、足もとだけ見て一歩ずつ足を踏み出せば確実に前に進みます。面倒でも苦しくても「とりあえず進む」の心意気で進むうち、「あ、」といつの間にかゴールに到着するでしょう。
たどり着く先は自由で伸びやかな新天地、いうなれば「狭い三畳の部屋から必死の思いで頑張って脱出して広いバンケットルームに出る」みたいな感じでしょうか。

★2月生まれ・・・ちょっとしたゴタゴタといいますかもめごとがあるかもしれません。しかしよくよく考えればものごとが自分の思い通りにスムーズに進む確率なんてほんのわずか、うまくいかないほうが当たり前と心していれば余計な葛藤しなくて済みます。10個のうち7個くらい「そんなのダメに決まってるじゃん」と否定されてもめげちゃだめ、あとの3個はまだちゃんと生きている、実はその3個の中に大きく伸びる木の種が混じっている可能性が高いです。

★3月生まれ・・・どんなに偉くて立派な人から「こうしたほうがいいですよ」とアドバイスされても、本人にその気がなければその人の世界はずっとそのまま変わりません。人生の脚本を書いているのは自分自身だからです。
今月、内部で強いひらめきがスパークするでしょう。「このままじゃつまらない」「こういうのはもういいや」、「ここじゃないどこか別の世界」を求めて自分から方向転換する暗示です。何かを捨てて新しいものを探しに行く決心をするかと思います。

★4月生まれ・・・成功するコツは「自分を偽らないこと」「小細工しないこと」「人に頼らないこと」です。自分を信じて素直に正直にやるのが一番いいのです。
なぜこんなお話をしたかというと、「成功のチャンスが目の前に来ていますよ」とカードが告げているからです。だいじょうぶ、あなたは今までいろいろな経験を積んできましたし、そのための準備もしてきました。あとは一歩前に出ればいいだけです。勝率はかなり高いですし、万が一失敗しても失うものは何もありません。

★5月生まれ・・・ものごとはあずかり知らぬところで生成流転してから本人のもとに訪れます。なので「えっ!?」と耳を疑ったり頬をつねったり目をごしごしこすることがしばしばあります。これを読んでいる今この瞬間もあなたに関するものごとが下準備されソテーされぐつぐつ煮込まれてスパイスを加えられていますってカレーですか。じゃなくてあなたに関する重要事項がもうしばらくするとあなたのスマホとかパソコンとか耳元とかに届けられるでしょう、すごくうれしいことが起こる暗示です。

★6月生まれ・・・こちらが善意で行ったことを曲解された場合、説明するだけ時間と労力のむだです。なぜなら相手は最初から曲がった視線でものごとを見ているからです。曲がりくねった視線にまっすぐ真実を通そうとするのは針の穴にラクダを通すようなもの、疲れて傷つくだけなので「やーめた!」ときびすを返しどこか涼しいトラットリアに入って真鯛のカルパッチョとワインでも注文したほうがいいでしょう。面倒臭い人間関係にはそろそろ見切りをつけていいころ、思い切って手放せばラクになれますし、その先でもっといいものが手に入るでしょう。

★7月生まれ・・・不公平だと思いますか? でも世の中って意外に公平ですよ、やらなければ何も評価されませんしやったぶんはそれなりに評価されます。不公平と感じるのはもしかするとあなたの感情であって客観的な事実ではないかもしれません。
そろそろあなたに関する何らかの評価、品定め、ジャッジが下される頃合いです。「えーショック」でも「やったあ!」でもそれが世間の出した客観的な結論、素直に受け止めてさらなる高みを目指していただきたいと思います。

★8月生まれ・・・あなたの夢は? と聞くと「夢物語なんかとうの昔に捨てちゃった、だって人生甘くないもん」と遠い目をしてニヒルに笑う人がいます。でも本当のところ夢はあきらめない限りずっと生きている、たとえ輪郭は不明瞭でも「そうなったときの自分」というイメージングを続ければ、夢はスーハー呼吸を続けます。
「どうして芽が出ないんだろう」「やっぱりダメなのかな」と気落ちしていますか? 本当に望んでいることなら最後まであきらめちゃだめ、ものごとが成就するまでにはそれなりの時間がかかります。もうちょっと様子見ててください。

★9月生まれ・・・ものごとを力づくでねじ伏せようとするとあとで大きな反動が来ます。「自然」に反しているからです。なので意に添わないこと、ガッカリするようなことが起こっても「こんなのいやだ!」と意固地になったり臨戦態勢に入るより「あ、そうですか」と淡々と受け止めたほうがいいでしょう。
ものごとのなりゆきにはいたずらに逆らっちゃいけません、そうなるにはそれなりの理由があるのでしょうし、あとで考えればそのほうが結局はよかったという可能性もあります。誕生日おめでとう9月生まれ、今月はとりあえず神さまの配ってくれたカードを活かすことを考えてください。

★10月生まれ・・・「幸せな人」というとお金と地位と名誉を持っている人をつい思い浮かべがちですがそんなのはほんのひとにぎりですしそれが本当に幸せかというと実はそうでもなかったりします。
じゃあ一般人の幸せは何かというと衣食住の中にあり、「この服大好き!」「これおいしいなあ」「この家にいるとホッとするー」とかいったことです。大好きな人と一緒ならもっといいですね。心がウキウキワクワクすることを幸せと呼ぶならば、それらはものすごく身近なところにあるわけです。「灯台もと暗し」とカードが告げています。今すでに恵まれていることに気づけば、もっと幸せになれるでしょう。

★11月生まれ・・・どんなに仲のいい人でもあなたの代わりにご飯を食べたりトイレに行くことはできません、「自分のことは自分でする」がこの世の原則だからです。物理的に一人ひとりが個別の身体を持っている以上、これは仕方のないことですね。
今月やりたいこと、やるべきことを実行に移すなら、人に言わず人を頼らず人を巻き込まず自分ひとりでやりましょう。そのほうがマイペースを保てますし邪魔も入りませんしベストを尽くせます。その結果・・・「とんとん拍子にうまくいくでしょう」とカードが告げています。

★12月生まれ・・・もしあなたがお金だったら、どんな人にどう使われたいですか? 広い世間を巡り巡ってようやくたどり着いてあげたのにギャンブルで捨てるように浪費されちゃったり「このラックのお洋服全部いただくわ」と乱暴に大人買いされちゃったり扱いが雑でカバンからすぽんと落っことされた日にゃああなた怒りと哀しみのボレロをBGMにこんなやつのところにはもう二度と帰ってくるもんかと固く弁天さまに誓いたくなるでしょう。そう考えるとお金の扱い方がわかってきますね、そうお金は「感謝されて」「大切に」「役立ててもらう」ことを望んでいるのです。
お金から熱い視線を浴びる今月は、そのことをちょっと覚えといてください。

・・・はい、こんな感じです。まだまだ暑いですが今月も元気に行ってらっしゃい!